ワックスはハゲの原因になる|ハゲない使い方4選【男性必見】

髪の毛・毛の悩み

多くの男性が使用する整髪料、ヘアワックス。

素人でも手軽にスタイリングができるので、とても便利ですよね。

中学・高校でワックスを使い始め、大人になってもスタイリングに余念はないという人は多いのではないでしょうか。

 

そんなワックスですが、実はハゲてしまう原因になってしまう可能性があるようです。

今回はワックスがハゲの原因になってしまう理由と、ハゲないための使い方を4つ紹介していきます。

 

この記事はこんな人向け
・ヘアワックスを利用している男性
・ハゲが気になる男性
・ワックスやハゲに関心がある人

 

ワックスはハゲの原因になる

はっきり言うと、ワックスの利用はハゲる原因になるといわれています。

 

実際に、アメリカの研究機関によればワックスを毎日つけている人はそうでない人に比べて抜け毛の数が1.3倍にもなると発表されています。

頭皮の状態が、「荒廃した土地のようになっている」と揶揄されることもあるようです。

 

もしかしたら身の回りの”頭が寂しい人”は、スタイリングに余念がない(余念がなかった)人たちなのかもしれませんね。

 

なぜワックスはハゲの原因になりうるのか

どうして容姿を整えるためのものであるヘアワックスのせいでハゲてしまう可能性が高まるのでしょうか?

これについて、ワックスを利用することでハゲてしまうという説にはいくつかの根拠が示されています。

ここでは、その根拠を示していきます。

 

界面活性剤が多数含まれている

ワックスの整髪作用は、この界面活性剤によって表れています。

しかし、界面活性剤はたんぱく質を破壊してしまう作用があると言われており、長期にわたって継続的に髪の毛に塗布すると悪影響を及ぼしてしまうとされています。

というのも、髪の毛の90%はケラチンというたんぱく質で構成されているためです。

したがって、髪の毛を成分的な観点から痛めてしまうことにつながり、ワックスの利用で薄毛や髪の毛が細くなってしまう原因になるというわけです。

 

特に、市販されている価格帯の安いワックスには大量の界面活性剤が含まれていると胃荒れているので注意が必要です。

 

頭皮の成長環境を悪くする

髪の毛は、絶えず「生えては抜ける」というサイクルを繰り返しています。

そのため、髪の毛が成長しやすい環境を維持することは非常に重要な意味合いを持ちます。

その中で頭皮は、植物における土壌のような位置づけであるため、頭皮を気にかけることはハゲ予防の最重要項目といっても過言ではありません。

 

髪の毛は、頭皮の中に埋まっている毛根部分と頭皮の外である毛幹部分の2つに分けられます。

多くの人は、毛幹部分の毛が伸びていると思いがちですが、実は頭皮の奥にある毛根部分が成長することで髪の毛が伸びていきます。

 

実はこの毛根部分の皮膚(=頭皮)は、ほかの部分の皮膚に比べて次のような欠点があります。

 

・保湿機能が低い
・水分含有量が少ない
・皮膚そのものが薄く、傷つきやすい
・皮脂がたまりやすい
ワックスの利用によって、デリケートな毛根部分がワックスの油分で詰まってしまう可能性があります。
これにより、髪の毛の成長サイクルが阻害されてしまう可能性が高まるのです。

ハゲないワックスの使い方4選

上記のように、ワックスを付けるとハゲの原因になりうることがわかりました。

しかし、一切ワックスを使わないというわけにもいきませんよね?

そこで次に、ハゲないワックスの使い方を4つ紹介していきます。

 

オーガニック由来のワックスを利用する

市販のワックスの中には、界面活性剤をはじめとする化学物質を含んでいない、オーガニック由来の商品が存在します。

将来ハゲたくない人はこちらのワックスを利用することを推奨します。

ただ、値段が通常のワックスのおよそ3倍ほどになってしまうので実際問題悩ましいところではありますよね…。

 

筆者個人としては、自己投資の意味も込めて購入してしまうのはアリかと思います。

実際筆者もちょっといいワックスを利用しています(^^)

 

ワックスの利用頻度を落とす

イギリスのある調査によれば、毎日ワックスを一か月以上軽持続して利用した人は、週に3回の利用にとどめている人に比べて髪の毛のコンデションを表す数値が1.5倍も悪化したそうです。

 

また、育毛クリニックの医師いわく、週に3回以上はワックスの利用をしない日を設けることを推奨するそうです。

 

ワックスを毛先のみにつけるようにする

ワックスを付けてハゲる原因の主たるものは、ワックスの油分が毛根部分に詰まってしまうことにあります。

そもそもヘアワックスは毛先部分にだけつけても十分に整髪作用を発揮できるように作られていますので、つけすぎる必要はありません。

なるべく少量だけにすることを意識しましょう。

 

髪をしっかりと洗う

ワックスを利用した日は絶対に髪をキレイに洗い流しましょう。

先ほどから言っていますが、ワックスの油分が毛根部分に詰まってしまうことでハゲに繋がります。

入浴が面倒な日もあるかもしれませんが、絶対に洗髪をしましょう。

 

ワックスで固めた髪の毛は、正直洗いづらいですよね。

そんなときは、シャンプーをする前に一度リンスを使って髪の毛をほぐしてあげることで、よりキレイにワックスを洗い流すことができるます!

試してみてください(^^)

 

まとめ

男性にとって、ハゲは致命的です。

普段の生活から気を付けることである程度は予防ができますので、ぜひ将来のためにいま自己投資をしておきましょう!

ワックスの利用は男性なら切っても切り離せないことですので、うまく付き合っていけるといいですね!

 

下に関連記事の用意もありますので、気になる方はぜひ読んでいってください(^^)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました