水を毎日2L飲むと痩せる?健康にいい?|筆者実体験

ダイエット論

健康のため、美容のため、毎日水をたくさん飲む人がいますよね。

筆者もそのうちのひとりです。

 

水をたくさん飲むことはあまり意味がないと言っている人もいますが、筆者は健康や美容にはよい効果をもたらすと考えています!

 

今回は、水を毎日2L飲み続ける生活をしている筆者が、その効果を本音で語っていきます!

 

この記事はこんな人向け
・水で痩せたいと考えている人
・水を飲む効果を知りたい人

 

1日に必要な水分量

ではまず、人間が1日に失う水分と必要摂取量についてみていきましょう。

 

人体から出ていく水分は、糞尿や皮膚および呼吸から自然に蒸発している水分であるを含めて、1日約2,400mLほどだとされています。

 

その内訳は、尿量は約1,500mL、便は約100mL、呼気は約300mL、汗は約500mLの排出になるのだとか。

 

つまり、毎日これを上回る水分を摂取しなければ本来人間は軽度の脱水症状になってしまう可能性があるのです。

 

 

1日に2.5Lの水分を摂取するとして、そのうちの30%ほどが食べ物から摂取できると言われているので、飲用水から摂取するべき水分量は、最低 1.75L 程度になります。

 

最低値で1.75Lですから、意識的に水分を摂取しないといけないことがわかります。

 

これにコップ一杯分(睡眠時に排出される汗の量と同等)の水分である250mLを加えて、筆者は毎日水を2L飲むことを心がけています。

 

また、清涼飲料水は糖質が気になりますし、お茶などはカフェインによる利尿作用があることを加味すると、無色透明の水が最も常飲に適していると筆者は考えています。

 

味のついている飲み物は毎日飲むとどうしても飽きてしまいますし。笑

 

水を毎日2L飲むと…?|その効果は?

では、筆者が実際に毎日水を2L飲んで得られていると感じる効果をお話ししていきます。

これに関しては個人差があると思うので、参考程度にしていただければと思います。

 

便通がよくなった

まずは何といってもこれが一番だと感じます。

 

汚い話ですが、

 

 

日かなりの量のう〇ちがでます!!

 

 

おなかがいつもすっきりした状態で、体が軽くなったように感じます。

 

健全な排泄は健康には不可欠です。

不摂生な生活を強いられている現代人は、排せつ障害を抱えている場合が往々にしてありますが、筆者のように水を飲む習慣をつけるだけで驚くほど排せつがスムーズに行えるはずです!

 

浮腫まなくなった

浮腫みやすい体質の筆者ですが、この生活を始めてからというもの、顔がひとまわりスッキリした印象です。

とくに起床直後はそれが顕著で、今までは目覚めと同時に「あぁ浮腫んでるなぁ…。」とぼやいてしまうほどでしたがそれがなくなりました!

 

おそらく血液がサラサラになったことで、老廃物をリンパがうまく流してくれてるのだと思います。

 

間食が減った

1日かけてこまめに水を飲むようにしているので、小腹がすくことが減りました。

なので、間食が以前に比べて急激に減少しました!

 

また、一回の食事の量もより少ない量で満足できるようになったので、食べ過ぎの防止には非常に効果的であると確信しています。

 

食事中にもこまめに水分を摂取しているので、単純に食事の時間が長くなり、満腹中枢をうまく刺激できていることも要因の一つかもしれませんね。

 

肌がきれいになった

肌に張りとツヤが増したと感じています。

 

これは、細胞中の毒素や老廃物が流されることで肌の新陳代謝が促され、新しい肌細胞が生成されやすくなっているからだそうです。

 

この現象は顔に限ったことではなくて、体中の肌に張りが増したような感じがあります。

とはいえ筆者はまだ22歳なので、そんなに劇的に効果を実感しているわけでもありませんが…笑

 

肌表面からは水分は補うことができないので、もし肌の張りに関して悩みがある人は今一度水をたくさん飲むように心がけてみてはいかがでしょうか。

 

水道水でいいの?

飲用水はミネラルウォーターを購入すべきか、それとも水道水で問題ないのかと疑問に思う方がいるかもしれません。

 

結論から言うと、

 

 

筆者は水道水で問題ないと考えています

 

 

毎日ミネラルウォーターを購入したり、自宅にウォーターサーバーを設置するのにはコストが発生しますよね。

自分で言うのも変な話ですが、筆者は倹約家なタイプなので、水を飲むことにお金を払いたいとは思いません。

 

なので筆者は水道水を飲用水として利用しています。

もちろん購入した水の方がおいしいに決まってますし、味の違いはさすがに分かります。

ですが、料理でも水道水を利用しているので、飲用水だけ分けても仕方がないと考えました。

 

殺菌・消毒のために塩素などが含まれているのはその通りですが、体に影響のない範囲であると公的に定められているので問題はないかと思います。

 

どうしても気になる場合を除いては、水道水で大丈夫かと思います。

実際、筆者は実害を被っていませんので!

 

まとめ

水を毎日飲むことで得られる美容・健康面での効果は、目を見張るものがあります。

逆に言えば、水を飲むだけでこんなに良い効果が得られるのですから、これほど楽なダイエットはありません。

水を飲むことで痩せやすい体質を作ることもできるというのですから、筆者は今後もこの習慣を続けていくつもりでいます。

 

あなたも水活してみませんか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました